読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whoops! Lasik!~レーシック手術の落とし穴

レーシック手術を受けた経験から、レーシック手術の落とし穴を語ります。レーシック手術を考えている人は参考にしてください。

ハログレアの見え方~レーシック・白内障・円錐角膜

 どうもマニパニです。まだまだ寒い日が続きますね。でも昼は暖かくなるし寒暖差がつらい今日この頃。

 さて、今日はハログレアの見え方について書きます。レーシック後遺症の代表ともいえるハログレア。細かくは、光源の周りに虹の輪が見えるというハロ現象と、光がぎらついて見えるグレア現象に分かれます。でも、今まではなしてきたレーシック手術体験者の中には、片方だけしか出ない人はいませんでした。ほとんどの人にハロ現象とグレア現象の両方が発生していると思います。だからハログレアとまとめられるわけです。下の画像みたいな感じとよく説明されます。

f:id:mani-pani:20160818142904p:plain

 ハログレア現象は、レーシック手術をした人だけでなく、乱視がひどい人や、白内障手術でレンズを挿入した人、円錐角膜の人などにも発生します。特に、レーシック手術白内障手術においては、今までハログレアを感じたことのない人が手術後これらを感じるようになることから、「手術後数カ月で慣れる」といわれているものの、慣れない人もたくさんいます

 今までそんな現象が生じる眼じゃないから、画像を示されただけではわからないんですよね。それに、通常数カ月で収まるとか、ほとんど気にならなくなるとか説明されますし…軽く見ちゃうわけですね。また、参考の画像も基本的にはパソコンでエフェクトを追加したような画像で、実際の見え方とは少し違う気がします。

 

 そんな中、なかなかいい感じの画像を発見したので、その画像で説明します。ちなみにレクサスの画像です。余談ですが、私はレクサスと結構付き合いが長く、運転したことも助手席に乗ったこともかなりありますがいい車だと思います。ディーラーの対応も非常に丁寧だし。最近は、ラインナップの整備、性能含め外車と比べても全く見劣りしないと思います。みんな、レクサス買おう!(私は根っからのドイツ車好きですが笑)

f:id:mani-pani:20170326235428j:plain

 この画像のオレンジの円の部分、これが私の見える視界に非常に似ています。もっと範囲は大きいし、放射状の線の数は多いし虹色ですが。簡単に説明すると、カメラで撮ったような視界になるわけです。まず、光源の周りがこんなになっちゃうので、光源の形、例えばライトの形とかそのそばにある物が全く判断できなくなります。それに、この画像のように、ハログレアが奇麗な円状ではなく、星のように5~7方向ぐらいに伸びるんですよね。そして、吐き気するくらいきもちわるくなっちゃう…

 また、直接光を放っているライトだけでなく、フロントガラスの赤い円のように、ガラスに光が反射した場合にも光が拡散します。正直これのほうが辛い。光を直接見ないようにしてもその反射が目に入ってきますからね。驚くべきは、フロントバンパー下部の緑の円。この部分も地味ですが光が下方向に残像のように伸びていますよね?樹脂製のバンパーで、ガラスでも金属でもないのに反射光がハログレアになるんです。私の場合、日中夜間問わずです。これが本当に、本当につらい。家の中にいても光が怖くなるし、サングラスをかけても光の形自体は変わりません(オークリーのポラライズドレンズを使用していますが、多少反射光については形が小さくなります。でも本当の気休め程度です)

 日常生活で光が反射しない環境にいる人なんて、部屋を真っ暗にしているヒキニート(私)のような人間だけですよ。ご飯食べるときにスプーンやナイフ、食器に反射する光すらハログレアが発生するんですよ(大きさは小さいが)。外に出れば、光の反射しているビルや白塗りの建物は灼熱のオレンジに輝いて目を焼いてきます。レーシック手術前は、目を細めたり手で目の上を帽子みたいに覆えば何の問題もなかったし、アウトドアバリバリの人間でしたがサングラスを必要としたことすらなかったです。

 半端なく目が疲れるし、不自然に見えるというだけで気分が悪くなります。最悪吐きます(これについては、心的な原因もあるかもしれませんが)。こんな状態で早2年。

・症状は数カ月で収まります→全く収まっていません

・症状に慣れます→全く慣れません。というかこれに慣れろという方が無理

 上のレクサスの画像も私の見え方に近いというだけで、他のレーシック難民の方はどう見えているかわかりません。エクタジアの方は、信号が何十個にも分裂して見えるとおっしゃっていました。これは円錐角膜の方も同じかと思います

 ですから、レーシック手術前にハログレアの見え方をシミュレーションすることは不可能だし、慣れるか慣れないかすら判断できない。それならそう説明するべきなのです。

「当院で手術された方のほとんどはハログレアに慣れられていて問題ありません。ですがどれくらいハログレアが発生するか予測できず、シミュレーションできません。レーシック手術後、ハログレアが永続し、慣れることができずに車の運転他日常生活が困難になる可能性は否定できません」こう説明すればいいだけじゃないですか。読むのに30秒もかからないですよ。それすらしない。手術をやめる人がいてお金儲けの妨げになるからしない。法的に説明すべきとかじゃないんですよ。なんで散々もめていること、患者の生活に影響することをあえて説明しないのか。倫理的にバグってますよ?

 レーシック医師「俺のココ(頭を指しながら)、バグってるよ?」

 メイプル超合金は芸人だからいいけど、レーシック医師がリアルにこれですからね。笑ってられないよ。人生つぶされて笑っていられない。私の人生だけではな。レーシック手術だけでなく、白内障手術においてもたくさんこんな症状が出ている人がいますよ。でも、白内障を治療するためだからしょうがないよね、と軽くあしらわれます。お年寄りの方が多く手術されますから、医師によっては「どうせ仕事もしていないし大丈夫でしょ?」って感じでおよそ倫理性のかけらもない対応をする場合もあるんです。

 目に関する医師って碌な奴いない。そう思われてもおかしくないほど「見え方の質」についてはルーズに扱われすぎだと思うの。うん。

 

 てなわけで、ハログレアの巻きでした。このブログを読んでくれた方(手術していない)もハログレアを感じている人もいるかもしれません。ハログレアを感じないようになるメガネレンズ早く開発してほしい。レーシック後遺症だけじゃなくてほかのたくさんの方も救えるのだから。なんか、ネッツペックコーティングレンズとかあるけど、全くハログレアに効果ないのよね…

 私が愛用しているオークリーさん。どうにかなりませんかね?カールツァイスさんでもニコンさんでも誰でもいいのでお願いします。

 本日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。表示しているもの、個人情報が入っているので非表示のものも含めちょくちょくコメントをいただきますが、本当にうれしいです。これからも皆様よろしくお願いします。