読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whoops! Lasik!~レーシック手術の落とし穴

レーシック手術を受けた経験から、レーシック手術の落とし穴を語ります。レーシック手術を考えている人は参考にしてください。

レーシック手術って危険かな?~取り残された者たちと取り除けない危険~

雑記

. どうもマニパニです。最近、自分の目の調子は一向に良くならずむしろ悪化している気がします。私を取り巻く状況はもちろん、レーシック手術による後遺症についても目に見える進展はありません。そんな中絶望することも多々あります。

 さて今回は、レーシック手術、そしてレーシック業界のお話をします。このままでいいんでしょうかという疑問提起です。

 

 ツイッターのほうにもつぶやきましたが、ふと引っかかった眼科の説明を見たときに感じた疑問です。

 レーシック手術の危険性っていう際に、ほとんどの医院はレーシック手術はほとんど副作用がなく極めて安全な手術だということです。確かに、パーセントで見れば他の手術に比べれば安全なのでしょう。それは数字が物語っています。この事実は絶対に曲げることができません。その点については私も認めています。ですがここにカラクリがあります。「ほかの手術に比べて」なんですよ。わかりますかね。どうしても疾患があって、体の不具合を解消し、生活するために必要な手術とは異なり、そもそも健康な人にする手術であって「より快適な生活ができる、QOLを向上させるための手術」なんですよ。(ガイドラインによるとレーシック手術は眼鏡やコンタクトレンズでは視力矯正が困難な場合に適用されるので、不具合解消の手術だ!と思うかもしれませんが、現状を見ればわかりますとおり、ほとんどの方が眼鏡やコンタクトのわずらわしさを理由として手術を受けていますし、クリニックもそれを気軽に適用範囲にしています)

 このことから、手術に失敗した際は失う物が非常に大きい手術なんです。手術で何も得られないことに加え、今までになかった不具合が付加されるわけですからね。したがって、手術の際には、この不具合が生じた場合でも納得できるかという観点で同意が取られるべきです。

 

 ここで、安全の話に戻りますと、レーシック手術は安全性が高いです。しかし、危険性がないわけではないし、手術の方法上必ず危険性が伴っています。最たるものは、エクタジアです。これは角膜が拡張し、視力が出なくなり最終的には角膜衣装が必要なものです。これは、恐ろしいことに発症を必ず回避できる方法はないです。いいですか、必ず回避できる方法はなく、発症するかどうかはしてみないとわからないんです。この時点で、エクタジアという危険性をレーシック手術ははらんでいます。また、レーシック手術によって角膜を切除する以上、高次収差が増え見え方の質は必ず落ちます。これも、角膜をレーザーで切る以上発生する危険性です。そして、どれくらい見え方の質が落ちるかを100%予想することはできません。また、角膜神経を切る以上、一時的にしろドライアイが必ず発生します。これも、ほとんどの方は半年から一年かけて元に戻りますが、戻らない場合もあります

 長くなるのでこの辺でやめておきますけど、こういった危険性を、レーシック手術という方法自体が抱えているわけですね。だから、こうした危険性について同意を得る必要があります。

 しかしどうでしょうか。インターネット上、レーシック手術が危険だと「誤解」があふれていると記す眼科の多いこと多いこと。そりゃ、手術自体の安全性は高いでしょう。でもなぜ危険だとか言われるようになったの?不具合=手術の持つ危険が発生してしまった人が一定数いて声を上げているからじゃないの?なぜ、声を上げているの?クリニックから同意すべき危険性を知らされず手術をして、その危険が不具合となって表れているからでしょ。まさに「こんなこと聞いてないよ」です。ですから、レーシック手術に内在する危険性が世間に認知され、レーシック手術=危険だという認知が出来上がったのです。その手術の持つ危険性を認知したうえで手術する人はすればいいわけで、何一つ誤解はないですよね。

 ここで、レーシックを行っているクリニックは「世間で言われているほど危険じゃないよ」と発信するわけです。これっておかしいですよ。だって、危険だ!といわれているものを、そこまで危険じゃないよ~といって手術を誘引するわけですよ。その結果危険が生じたときに、「あんた安全って言ったじゃない」となるのは目に見えています。

 だから、レーシック難民問題で、レーシック手術が本来持つ危険性が認知され、適切な説明なしに手術を受け問題になることが多くなりました。ですから、わがクリニックは、本当に起こりうる最悪のケースをお伝えし、そのうえで同意を得た人の見手術します。って書けばいいじゃないですか。起こりうる不具合を怖くないようにふわっと書いて納得させて手術させることで問題起きてるんですよ。え?過度に患者を怖がらせて受ける人が減ったらどうするのだって?

 どうもしませんよ。手術って本来危険なものなんですよ。怖がってちょうどいいくらいです。それに、そもそもしなくていい手術だし、なぜそんなに勧誘しなければいけないものか。仮にそういう発言が出るならその時点で医療行為としての手術を勧める者としてどうなのかなと思います。医師の教育というか研修で、手術って患者を怖がらせないように最悪のケースは伝えずに「思っているより安全ですよ」っていうことになっているんですかね?そんなことはないと思いますが。昨今医療訴訟の多い世の中ですよ。医師の倫理研修的なことで、きちんと説明するように言われていると思います。例えば、がんの人に「もう死ぬよ」というのはショックが大きいし、本人の生活のために秘匿すべきこともあると思います。でも何度も言いますが、レーシック手術は健康な人にする手術です。何よりも大切なのが説明と同意です。

 

 そんなこんなで、クリニックが「安全だー安全だー」アピールをしているうちに取り残されるのがレーシック手術によって不具合を受けた人ですよ。「え?わしらどないするん?」って感じ。安全だというなら、レーシック手術が抱える危険性を少しでも排除しようと研鑽、研究が必要だし、不具合が起きたならそれを解決しないと危険性の排除にはなりません。排除できないなら危険なものですというべき。

 私の状況が良くなっていないし、最近でもレーシックによって不具合を訴える人はいる。実際に私も複数コンタクトを受けています。そこで思うのは、もうこれ以上レーシック手術って向上ないんじゃね?危険を取り除ける限界なんじゃね?ってこと。それに、他の手術式が進歩して時代遅れの産物になってますからね。

 このレーシックが行われたわずか数年間のうちに、不幸にも不具合を負ってしまったものとして取り残されてしまうのでしょう。そして、そのままレーシック手術は、ロボトミー手術のように過去なされていた手術くらいの扱いになっていく気がしてなりません。

 はぁ。もちろん、きちんと説明して不具合を生じる患者を一人も出していない医院もあると思いますよ(私見)。ですがほとんどはそうじゃなくて、「安全だ―安全だー」ってホームページで謳って、実際にクリニックを訪れた人にも言っていると思うの。検索してみて下さい。危険性について弁明しているクリニックは数あれど、最悪のケースを明示しているクリニックはほぼないですよ。そういう業界なんですよ。こういった現状がある以上、不具合を負ったものとしては、「眼鏡のあなたでも素敵ですよ」「クリニックに足を踏み入れたが最後だよ」というしかありません。てか、こんな状況になってから、眼鏡の人がうらやましくてありません(近視であろう人)。眼鏡の人、素敵ですよ。

 

 なんか、意味の分からない締めくくりになりましたが、以上です。本当に取り残されちゃったという感情がでかいです。孤独で痛みと戦う日々、つらいです。なにか少しでも状況が良くなればいいな。

 今回も最後まで読んでくれてありがとうございます。この記事を読んでくれた眼鏡の人!あなたはそのままでも素敵ですよ。早まらないでください。

 

おわり