読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whoops! Lasik!~レーシック手術の落とし穴

レーシック手術を受けた経験から、レーシック手術の落とし穴を語ります。レーシック手術を考えている人は参考にしてください。

もしかしてこれって後遺症?~レーシックと白内障手術~

 どうもまにぱにです。先日からのアクセスによりもう3万アクセス超えそうです。一日のアクセスが1000に届きそうだったのもとってもびっくり!てなことで、ちゃんとしたコンテンツをお届けしようということで、レーシック手術を受けた人、白内障手術を受けた人でこれって後遺症じゃないか?という疑問を持つ方のためのチェックシートを作りました。

 その前に……

 まず、「後遺症」について説明しましょう。正直、調べるまでは、定義をあまり意識しないで使用していました…あと余談ですが、「後遺症、副作用、違い」という検索ワードで検索したところ、グーグル2ページ目にイントラレーシックの副作用というページに当たりましたよ☆

 副作用や後遺症はどの病気の手術でも話題になるのにどうしてレーシックのページがこんなに真っ先に出るんですかねぇ…みなさん検索してらっしゃるのかしら?だとしたら、潜在的レーシック手術被害者って本当に多い気がします。

 

 さて、本題に

 後遺症…ある病気・けがが治っても、そのあとにまで影響が残る症状

 

 私は、手術後いくらたっても残っている症状によって苦しんでいるわけで、今までそう記事に書いてきたわけですから、さして間違いはなかったようです。

※以下、チェックシートを示しますが、誤解してほしくないのは、項目に該当すれば即後遺症というわけではないということです。いわゆるレーシック難民というレーシック手術によって後遺症を負ったと主張する我々はこのような症状に悩んでいるということです。そして、私と同じ症状を抱えているならば、少なくともQOLの向上を目指して行われたレーシック手術の目的は達成されていないのではないか、失敗ではないのかという契機を与えようとするものです。また、レーシック難民と同様に、白内障手術においても同様の症状を訴える方が多いことから、白内障手術後の後遺症にもあてはまるのではないかと思います。それでは↓↓

  • 「日中」眩しいと感じたことはなかったのに、手術後明らかな眩しさを感じる。例:サングラスが急に必要になった、日傘なしでは歩けなくなった。
  • ドライアイではなかったのにドライアイになった。これに関しては、ドライアイになったと気づくレベルでの変化(痛みや視力低下等)があったかどうかという話です。
  • 近くの物を見るのに疲れたことがなかったが、目が異常に疲れるようになった。  例:一日中パソコン作業ができていたのに、手術後は2,3時間が限界になった
  • 物をじっと見つめることがしんどくなった。これに伴って、乗り物酔いをするようになった。
  • 「夜間」の光について手術前は気にしたことすらなかったのに、手術後光の形(ハログレア)が気になる。
  • 物が二重に見える、かすん(白んで)で見える。パッと見たときには一つに見えるが、じっと見つめると二つ以上にずれる。
  • 目の周りがつぱったり引っ張られる感覚がする(手術前はなかったのに)
  • 瞼の開閉が困難になった(左右の瞼の下がり具合が変わった等)
  • 手術後、なんら病変は見つからないのに目に痛みが出るようになった
  • 原因不明の頭痛、めまい、吐き気がする(手術前は一切なかったもの)

 

  ぱっと思いついたもので上記です。私はこういう症状を抱えているよ!という方は、コメントやツイッターでお知らせいただけたら追加しますので気軽にコンタクトよろしくお願いします。

 この表にあるのは症状であり、これらのうちいくつかは明確に数値で分かるものです。ですから、手術前と手術後のデータを比較すると容易に後遺症か判断できるものもあるということです(まぁ数値の異常がある場合にも、手術後手術とは関係のない原因で数値に変化が生じたんだ!と医師は否定したがりますけどね)。

 さて、自分が上記の表に該当しているから、もしかしてレーシック手術に失敗したんじゃないか?白内障手術に失敗したんじゃないか?と思う方に、自分が後遺症患者かすぐにわかる方法をお教えしましょう。確実とは言えませんが、なかなか正確な基準だと思いますよ。

 

手術を受けたクリニックに行ってください。以下の言葉が出たら後遺症である可能性が高いです。そんでもって治せない確率も高いと思われる。

様子を見ましょう(何度行っても)

訴える症状のすべてに「ドライアイだからです」と即答

同意書に同意しましたよね

おかしいな、何の問題もないんですけど

気分の問題だから心療内科紹介しますよ

カルテ請求に頑として応じない、法外な値段を吹っ掛けられる

 とりま、こういう言葉が出れば私の経験則上ほぼほぼ後遺症ですね。正直、レーシックの後遺症は医師も認めたがらないし、研究もしない。だから症状がすべてレーシックと因果関係がないと簡単に言える状況になっちゃってます。しかし、ネット上のちっぽけなレーシック後不具合を負った者のコミュニティーで同じような症状を抱えている人が多いこと、集団訴訟にまで発展していること、少なくとも医師から後遺症だね…といわれる方もいることから、上記に挙げた症状はレーシック後遺症である蓋然性が高いと思います。一部は海外で研究されていたり、海外でも同様の訴えが見つかっています。それに、後遺症であるか云々は置いておいたとしても、上記の症状を訴えるなら、少なくとも生活に支障が出ているわけですから、病院に行ってみたりするべきです。

 決して、手術を受けて成功したと感じている人を怖がらせたり、後遺症だと決めつけたいわけではありません。でも、我々はこういうことで苦しんでいるよっていうのを示すことによって、少しでも困っている人の症状を理解し、病院を紹介したりするきかっかけになればなと思うのです。該当しているからといって、生活スタイルを変える必要はないですからね。ただ、生活に困っていてあいまいな説明しか受けておらず、クリニックが許せないと思うのなら、ぜひ我々にコンタクトを取って、徹底的に自分の目の状態を調べるべきだと思います。上記のチェックシートがそういう方の支えになればいいなと思います。

 

 本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。気づけばもう五月も終わりですね。五月病を吹き飛ばして夏を迎えられるようになりたいものです。 以上

なんだこれ…こわい…

 寝ていたのに猫に起こされたまにぱにです。久々にブログ書いたから、閲覧数がどれくらいか確認しようと思いました。というのも、ブログの更新がなかった1か月間も、それなりに日々閲覧数があったため不思議に思っていたからです。3月頃まではそこまで閲覧数なかったものですから。

 原因としては、グーグルの検索アルゴリズムの変更で、私のブログもきちんと表示されるようになったからかなとか、レーシック関連のクソ記事が上位に表示されなくなり、相対的に私のブログが見られるようになったとか、ツイッターのつながりが増えたので、フォロワーさんに見てもらえるようになったのかなとかかな?とか考えておりました。

 そんで、おそるおそる確認すると…今までの閲覧数最高記録の倍の閲覧数があるではないか!え?なんで?こわい…レーシッククリニックから命を狙われるんだー笑、なんて思ってたらあっさり理由がわかりました。たぶん、レーシック難民の染井さんが私の記事を引用してくださったからですね。染井さんすげぇ……

 なぜブログを書くかというと、それだけレーシック手術の現状、後遺症を負った者の現状をわかってほしかったから、この一点につきます。ですから、閲覧数が増えると本当にうれしい。もちろん、嫌がらせを受けることもありますが、それも込みです。人の目に触れるだけでいいんです。そういうことで、魅力的な記事を提供できるように研鑽していきますので、一見さんもこれからよろしくお願いしますね。

 

 いかなる理由にせよ

 

  ☆皆様、閲覧本当にありがとうございます

 

 これから、どんどんポジティブな内容の記事も増やしていきたいですし、ツイッターで知り合った様々な病気を抱える方に少しでも恩返しできるように、他の病気の周知にも力を入れたいかと思ってまいります。もちろん、医療の専門家ではないので踏み入った記事は書けませんが…。それに、閲覧数が増えたり、扱うコンテンツが増えるとさらに情報の真実性には気を付けないといけませんね。

 どこぞのヘルスケア系クソキュレーションサイトや、美容系レーシッククリニックの記事、それ関連のクソアフィサイトと同じになってしまいますから!!

 

 そうそう、これこそ今更でもうお気づきになっているかもしれませんが、私は人をののしったり、悪口を使うのを基本的に良しとしません。究極の平和主義者ですし、みんな気持ちよく人生を全うすることがモットーなので(つい最近まで死にたいといってた人間がなにいってるんだか…)。

 しかし、レーシック関連についてはその限りではありません。自分の人生がめちゃくちゃにされたのは事実だし、それだけの損害を被ってますからね。マザーテレサとかガンディーのようにそこまでできた人間ではないので。

 

 ということで、最後までお読みいただきありがとうございます。みなみなさま、どうぞどうぞこれからもよろしくお願いいたします。

今更ながら

 気が付けば一カ月以上ブログを放置していたまにぱにです。まだ五月だというのに30度になりそうな暑さが続き、四季なんてなくなったんじゃないの?と思っちゃったりします。

 さて、5月はやることが多くてとても忙しい月でした。家族や親戚にレーシック後遺症で、今まで通りの体調が維持できないことを告白し、そのうえで就活を温かく見守ってもらうことになりました。

 

今まで通りの体調維持というが、手術前はどんなのだったかかるく体調について新旧表を作ってみましょうか。

 

レーシック手術前の体調

  • 勉強漬けの毎日で、だいたい1日14時間は勉強していました。もちろんノート作成もパソコンでしていましたが、目が疲れることはあっても何の支障もなく眼精疲労なんて気になったこともなかった
  • ゲームが趣味だったため、徹夜でゲームをする日もあったが充血する以外何の支障もなかった。というのも、痛みも一切なかったから。
  • アウトドア好きなので自転車に乗りまくっていた。風をうけて充血することはあっても一時的だし、風で目が開けられないこともないし、なによりサングラスの必要性を感じたことがなかった。ただのカッコつけアイテムだとすら思っていた。
  • 頭はよくはないがそれなりに考えることができたし、なにより脳みそが100%回転している感覚があった。
  • 楽天的というかおおざっぱだったので、細かいことが気にしたりは一切なかった。

レーシック手術後の体調

  • 勉強しなかろうが、パソコンをしなかろうが、目が痛く目の周りが突っ張る感覚がある。それに、目ヤニの質?が変わり、目の中が粘つくような感覚になった。
  • 何もしなくても毎日充血。そもそも、体力的に徹夜がしんどすぎてできなくなった。
  • 朝の眩しさはおろか、コップのコーヒーに天井のライトが反射するのすら眩しく感じる。サングラスは必要なものなのだ。うん。車のミラーなどの反射では、ムスカ状態になる。昔は何ともなかったのに。
  • 頭がとにかく重い。それに伴ってかかなりふらつく。体力が低下したと考える一番の原因はこれ。しんどくて日中も眠たすぎてヤバイ。遠視眼鏡をかけても何も変わらず。ちなみに外斜位だがこれはおそらく手術前からだし、ほとんど異常がないほどのもの。
  • 神経質というか、常に光の見え方と目の痛みにとらわれて、うまく物事を考えられなくなった。単純に言うと手術前より確実にあほになった。なによりも、将来への希望とかやる気、趣味ですら楽しめなくなった。ちなみに、心療内科に二件ほど、半年以上通ったが鬱でも心身症?でもないらしい。

 ざっと、こんな感じ。言葉で書くとえらくしょぼい内容に見えることだろう。人によっては、これで何の不具合だというのか、って感じかもしれません。ですが、何の問題もない自分が手術によって、何かができなくなってしまった自分に変えられてしまったことの、心身の負担は想像を絶するものです。

 事故や病気などで後天的に障害を負った方とか、本当に大変だと思う。私と同じように、自分を受け入れられなくて困っている人もいると思うし、中には自ら命を絶った人もいるようです。人によってはそれほど体の変化って大きいものなんです。

 でも、私も難民生活3年目が経過しようとしています。なんとなく受け入れるというか、今のスペックでやることになれてきた感じもあります。もちろん辛いけどね。お金と時間の都合がつかなかったけど、5月に開かれたレーシック難民のオフ会は行きたかった。こういう悩みとか、葛藤を多くの人と共有したかった。メールやツイッターでお世話になっている人に面と向かってお礼がしたかったし、普通の趣味のオフ会のように知らない人(知ってるけどね)と会って楽しく話したかったというのもある。今度開かれたら絶対に参加しよう。うん。

 ツイッターも知っている人が増えて、いろーんな病気、また病気じゃなくても日々頑張って生活している人がこんなにも多いのかって。一日一日がやっとなんだ。でも、それでも生きてるっていいじゃないって。やっぱり、生きることって戦うことなんだなって思いましたよ。

 体調が良くなったわけでは決してない。でも、うだうだ体調気にしても良くならないし、考えることは96.5%くらい目のこと。それなら考えている間、休んでる間に体動かして働いた方がいいなって。夢を追いかけるためには背負う物や考えることが多すぎた。とりあえず、ここであきらめたら一生かなわないという夢じゃないので、いったんあきらめて、またご縁があればそれ目指して頑張りたいと思っていろいろ踏ん切りがついた。レーシック手術受けなければ今も東京で足ししく暮らしていたかも、夢をつかめていたかもと思わんでもないが、これも何かの縁か神様のいたずらだろう。ギリシャ神話とかでも神様はいたずらが好きらしいしね。

 

 大して各内容がないからいつも通りしょーもない日記になってしまいましたが最後までお読みいただきありがとうございました。近々、弁護士の先生と訴訟について話の決着がつきそうなのでまたその点ご報告したいと思います。それでは。

死を意識しながら生きる

 死を意識して生きていますか?何の問題もなく生きている人、問題があってもその対処がうまい人は、死を意識して生きることはないと思います。あるとすれば、お葬式の時とか、医師の仕事をしていて日々人の死を目の当たりにするかとかそんなところですよね。

 

 でも、こんなにも症状が辛く日常がうまくいっていないと、自然と自死すべきか悩むときがあります。生きていて意味があるのだろうか、その先に何があるのだろう。そんなこんなで結局は生きていますが、日々「死」が意識されています。ネットやツイッターを見ていると、うつ病で死を考える人へのメッセージ画像とかよくあるので、自分なりに「死」ってこんな感じで意識するというのを伝えたいと思います。

 

 皆さんは、ランナーです。一生走り続けるランナー。だって、はるか彼方に自分の望む景色が広がっているから。走り続けるのはものすごく辛い。でも、その景色目指して走る。たまには、水や食料を差し入れてくれる人がいるでしょう。楽しいしうれしいですよね。ときには、一緒に並んで走ってくれる人がいるでしょう。辛くても走ろうって気になりますよね。でも、ふとした時、視界に「黒いもの」があることに気づくんです。そう、視界の上部です。「これなにかな?」と思いつつも走ります。走ります。

 

 いつからでしょうか、視界上部の「黒いもの」があることが当たり前になってきます。でも、気づいていますか?少しずつ「黒いもの」が目の前に下がってきていませんか?これが「死」という壁、シャッターです。走り続けるには邪魔です。降りてきたシャッターをいちいちくぐって進まなきゃいけない。でも、まだ遠くにいい景色が広がっているのが見える、一緒に走ってくれる人が見える、たまに水や食料が差し入れられるから走ります。

 

 もう、シャッターをくぐる作業が当たり前になっていませんか。走り続けて、目の前に見えるのは黒いシャッターばかり。最初に見えていた景色はどこへいったのでしょう。確かに、このシャッターの向こうにあるはずなのに。なんか、くぐるのもしんどくなってきませんか?走るだけでも辛いのに。もういっそのこと、シャッターを自分で閉めて、そこで走るのをやめればいいじゃないですか。一緒に走ってくれてた人はシャッターの向こうから手を差し伸べてくれている。でもだめ、見えないんですよ。

 

 このまま、シャッターを閉めればそれは「死」です。自死。こんな感じで常に死が視界に入っているんです。あぁこれを下せば楽だな。なぜ、向こう側に走るんだろ。そう思っても頑張って走らなきゃと思う自分もいる。後者の自分が勝つから、無理やりシャッターをあげてくぐって走る。毎日これの繰り替えし。

 

 うつ病でも、病気の後遺症でもなんでもそうですが、一度死のシャッターが見えてしまった人は、一生「死」と離れることはできないんだと思います。ただ、日常が良くなって、シャッターを上げる量が減ったり、くぐるのが楽になるだけで、シャッターが上から降りてくることはもう知っちゃっている。ただ、対処の仕方がうまくなるだけ。一度も、自分の走る道にシャッターがあるなんて気づかない人は一生気づかないです。でも、一度気づいちゃうと一生一緒なんです。

 これが、死を考えたことのある人とない人の違いかなと思います。気づかないに越したことはありませんが、気づいてしまったんです。この状態で生きていくしかないですね(もちろん、上記は「例え」なので気づいた人がえらいとか、気づかない人が…とかないですよ)。

 ただ、気づいていない人は、どうして走るのがそんなに辛いの?むこうにいい景色が広がってるじゃん?って言葉を投げかけることはあるでしょうね。こうして、無理して走っている人の心にもっと負担がかかります。悪気がないけれど、自分の言葉や態度で、他人のシャッターを下ろしていることがあるんです。

 

 自分は、不幸にもレーシック手術によって後遺症を負って、考えたくもない死について日々考えざるを得ない頭になってしまいましたが、こんな状況がわかったからこそ、他人への言葉は選んで、本当の意味で共感しようと思いましたね。走るスピードも、シャッターのおり具合も人それぞれ。100%同じ気持ちを理解するという共感はあり得ない。「私にもあなたの気持ちわかるよ」なんてことは絶対ない。辛さはわからないんです。でも、分かってあげたい。すべてを受け入れるんです。それが私の考える共感ですね。

 

 自分でもこんなクサいことなんで書こうと思ったんでしょうかね。まぁ本当に現状が辛いからなんですね。本当につらい。でも何とか生きていきます。他人へのやさしさを得ることができたので、レーシック後遺症から立ち直ればきっと最強の私が出来上がっていることでしょう。そうなればもう私に欠けるところなんてなーんにもないですなハハハハ。

 はぁ、身長高くならないかな。イケメンにならないかな。年収1億にならないかな。人から尊敬されるような活動をして社会的に評価されないかな…ってな感じで実際不完全な私ですが、今後もレーシック手術自由診療の闇について語っていきたいと思っています。あ、そういえば他者への言葉は選びますが、クソレーシック医師に対しての言葉は選びませんよ。彼ら人間じゃないんで。こんなおぞましいこと絶対にいうべきじゃない。でも、あえて言います。それくらいひどいことされているんです。あいつらは人間じゃないから今すぐ消えろってね。誤解してほしくないですが「クソ」レーシック医師ですよ。レーシックを行っている医師にもいい人はいますからそういう方へのメッセージじゃないです。心当たりのあるクソレーシック医師は今すぐ私の代わりにシャッターを閉めて走るのをやめてね!☆

 

 本日に関しましては、こんな読むに堪えない愚痴記事を最後までお読みいただき、焼き土下座をしても感謝の気持ちが表せないほどです。毎度ありがとうございます。では失礼します!

レーシックの事前説明と現実の乖離

 どうも、マニパニです。書くネタがなくツイッターを眺めていたら、レーシック難民ではないものの、レーシックによる副作用が気になっている方のブログを発見しました。例にもれず、やはりずさんな事前説明だったようなので取り上げます。

 こういった記事を見ることで、レーシックについて不満を述べているのはレーシック難民だけではないんだなって分かって安心します。巷では、レーシック難民は存在しないとかいうクソサイエンスライター竹内薫なる人もいますからね。この件についてはツイッター上で難民さんと多数やり取りがあったにもかかわらず、レーシック難民は「竹内薫の知る一流の病院での後遺症治療を受けなかった人、聞く耳を持たない人、とある業界からお金をもらっている人」的に書いて、レーシック難民の名誉をクソほど蹂躙したのであえて名指しします。

 それでは、以下引用した記事を紹介していきます。その前に!いきなりレーシック難民と名乗る胡散臭い私のような人物からの引用を快く許可してくださったうさぎ様に感謝申し上げます。

引用を許可してくださったうさぎ様、ありがとうございます。リンクは以下です。どんどんアクセスして、レーシック難民でない方でも不具合を抱える方がいること、ずさんな事前説明の実態があることを知ってくださいね。

www.100made.info

www.100made.info

ハロー・グレアのまぶしい現象は手術直後からあったんですが、「1年くらいで治まります」って眼科で言われてました。でも13年も続いています。

ちなみに最近、眼科で眩しさについて相談したところ、ハロー・グレアの眩しい現象は、

「1年くらいで治る」

のではなく

「1年くらいで気にならなくなる」

ということらしい。

私は13年経った今も眩しさ(ハロー・グレア)が

かなり気になりますけど!

 本当に、この通りですよ。医師の方は「1年くらいで気にならなくなる」という説明をします。でも、問題なのは、気になってしまうこと、ハログレアが残ってしまうことですよね?なら「気になるかどうかは人によること」、「ハログレアがなくならず気になっている人が存在すること」を説明してそのリスクに対して同意するというプロセスを踏む必要があります。これが、インフォームド・コンセントですよね。

 また、上記の引用について気づきましたか?手術前は「1年くらいで治る」といったにもかかわらず、手術後に検診に行くと「1年で慣れる」に代わっていますよね。こうして、最初から「慣れる」と事前説明したかのように、レーシッククリニックは説明逃れの態勢になります。

 ちなみに、ハログレアが残るとこんなことになります↓

困るのが夜間と雨の日の運転時に前方が見えにくいこと。

f:id:ai4106:20170409074854p:plain

※こんな感じで光が伸びて見える

雨降りの夜は本当にしんどいです。対向車のヘッドライトと街頭が水滴に反射して本当に見えにくい。反射の光が長く伸びる(通常時の5倍~10倍)感じです。

 こんな状態で、安全に車が運転できますか?ヘッドライトは一つではなく、無数ありますし、車は一台ではありません。また、街灯もたくさんありますよ。それなのに、医師は、「夜間運転することができなくなることがあります」とは絶対にいいません。まぁ、私のように昼間もハログレアが発生する人もいるのに(私以外でも多数確認済み)、「夜間」のみの注意というのもおかしいですけどね。

 ちなみに、私たちレーシック難民の記事をきちっと読んだうえで、確認事項のメモを作ったりして、レーシック手術や、白内障手術などの屈折矯正手術を受けようとすると、医師からは「細かいこと気にする患者」扱いされるみたいですよ笑

lasikganni.hatenablog.com

 ハログレアを気にすることとかが細かいことなら、レーシック医師は全員目を削ってハログレア満載の視界で一生過ごしてください。って感じ笑

 

 また、リスクはハログレアだけではありません。

36歳での老眼。

 

はえーよ、早すぎるよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は当初、メガネがうっとうしくて、

メガネ人間をやめたくてレーシック手術を受けたはず。

 

でも今は、

 

・車の運転は眩しさ防止のサングラス(レンズが黄色いやつ)が必要

 

・本や新聞を読むときは老眼鏡が必要

 

 

つまり

 

 

近視用メガネをやめたくて

 

33万円払ってレーシック手術をしたけれど、

 

逆にサングラスと老眼鏡を手放せなくなった。

 など、老眼が早く来ること、眩しさが増加することからサングラスが手放せなくなることもあげられます。ですが、レーシッククリニックは「手術後、一切視力矯正が不要になるわけではない」とか、一見わかりにくい二重否定の表現を使ったりしてごまかします。堂々と「老眼を感じる年齢が早くなり、老眼鏡による視力矯正が必要になる場合があります」「眩しさの増加により、サングラスが必要になる場合があります」ってかけよ、ボケカスレーシック医師

 この説明でも、「場合がある」よって、一定の留保をつけたうえでありうるリスクを説明していますよね。こう書いて患者がそれに同意した場合、それこそクリニックに責任追及しにくいですよね。でも、なぜか書かない。

「だまして」

「どうでもいい他人の目を削って」

「お金儲けがしたいから」

 なんです。あえて断定して書きます。なぜかって?世の中にはたくさんレーシック難民また、引用したうさぎ様のように、レーシック難民ではないが不具合を抱えている人がいて、これを医師に報告しているにもかかわらず、正しい情報を出さないからです。こういう状況があるのに情報を出さないという不作為は、もはやだましているという作為と同じですよね。

 さて、上記のうさぎ様のブログのように、レーシック難民の方でなくとも、不具合を感じる方がいることをわかっていただけましたか?私が大げさなことをいっているのではないとわかっていただけましたか?

 うさぎ様のブログのコメントで、レーシック手術を検討していたけどやめることにしたとか結構あるので本当に安心です。

 

 みなさまも、こうした現状を知って、レーシック手術って危険なものだよって認識して、できればこれをほかの人にも広めて、さらにできれば私みたいな人を理解していただけると本当にうれしいし、ブログやってて救われたと思います。毎度毎度、最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

さくらが奇麗に咲いているので散らないうちにお花見を楽しんでくださいね!では!

 

素晴らしきかな

 どうも、マニパニです。先日のレーシック手術を受けた目の見え方、これについてナナボックスさんのサイトがさらに詳しい画像を挙げているので宣伝させていただきます。

nanabox.hatenablog.com

 特に一番上の画像から、グーグルの手前の画像までは、私の見え方そのものです。これでも異常なしです。おかしいと思いませんか?

 レーシックの宣伝には「夜間にハログレアが出る」としているものがほぼすべてです。ですが、室内でもハログレアがでます。詳しくは、「夜間に限らず、暗めの室内等でもよく出る傾向がありますが、一部明るい室内、屋外でもハログレアを感じる人がいます」です。何度も言います。クソレーシック医院はどうしてこう説明しないの?精神病で狂ってでたらめをいっているんじゃないんです。わざわざ誰の利益にもならないのに、アメリカのレーシック難民さんが画像まで作っているんです。私だけじゃないって知ってうれしかったですよ。もちろん症状を負っていることは辛いですが、精神的な症状ではなく、まさにレーシック手術によってこれらの症状が引き起こされているのだという意味でです。

 レーシック医師は、「生活習慣によるドライアイのせいです」「精神的におかしい」など、自分を責めさせようとします。そうして責任を擦り付けるわけです。レーシック難民は精神病であると。そうじゃない。私も毎日自問自答し、精神科にも何度も通い診察してもらいましたが、うつ病ですらない。心気症なども疑ったがそうでもない。(まぁ何度も自分が精神病でないか自問自答することはおかしいが笑)

 

 レーシック難民の方々、自分を責めることはこれっぽっちもないです。レーシック医師がすべて悪い、すべてレーシックによる後遺症なんです。軽いドライアイでナナボックスさんのサイトの画像のようなひどいハログレアにはなりません。

 

 さて、タイトルの「素晴らしきかな」。何が素晴らしいか。最近よくツイッターを使います。円錐角膜慢性疲労症候群、眼瞼痙攣、子宮頸がんワクチン後遺症、様々な方と触れ合っています。病気と闘って毎日を生きている人がたくさんいる。彼らで否定的な人は絶対にいないんですよ。自分もとってもつらいはずなのに、レーシック難民にすら同情し、理解してくれようとするのです。レーシック手術前まで、私は何不自由ない生活を送っていました。表面上は人にやさしくしていたし、されていたと思います。でも、これが本当の思いやりや共感なんだなと、もう一度この苦しい人生を生きていこうかなと思ったんです。

 本日は、国外のフォトグラファーの方をフォローしたのですが、その方からフォローバックされてメッセージまでいただきました。あまりに整った分だったので最初は自動送信なんじゃないかと疑って返信しましたが、ちゃんと返事が来たんです。私は「フォローされてうれしいけど、レーシックの愚痴しか吐かないしいつでもフォロー解除してくれ、貴方の写真楽しみにしています」的に返したんです。すると、「大丈夫ですよ、レーシック手術に興味があり知識をつけたいからフォローしました。私の写真が少しでも救いになればなと思います」って返事がきました。素直に感動しました。少ない文字のやり取りで人とつながり、こんなにも救われるのだと。久々に「幸せだな」って思えました。

 つらいですが生きます。私もたまには写真撮ってみようかな。後遺症が出てから、趣味の写真も億劫になっていたけど、少しでも楽しみを増やそうと思います。

 

 最近、レーシック難民の方とは極力、ツイッターやメールだけでなく、直接お電話するようにしています。互いの症状を理解しあえるのと、少しでもお互いの知識が役に立つのではないかという希望、それ以上に同じ苦しみを知る人と愚痴ったり共感できるようにするためです。レーシック難民は上述のように、孤独です。自分を責めがちです。でも、そうじゃないって再確認するためにも電話が一番いいです。完全に個人情報が漏れないように無料通話アプリを使っているので、もしツイッターやっていないレーシック難民の方、他の病気による後遺症を負った方でもいいです、お話したい人はコメントでコンタクトください。コメントは非表示にして個人情報は守りますので。(まぁこんなおっさんと話して得られるものは少ないかもしれませんが……)

 やっぱり、人を救うのは人なんです。まだまだ世の中捨てたもんじゃない。

 

 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

ハログレアの見え方~レーシック・白内障・円錐角膜

 どうもマニパニです。まだまだ寒い日が続きますね。でも昼は暖かくなるし寒暖差がつらい今日この頃。

 さて、今日はハログレアの見え方について書きます。レーシック後遺症の代表ともいえるハログレア。細かくは、光源の周りに虹の輪が見えるというハロ現象と、光がぎらついて見えるグレア現象に分かれます。でも、今まではなしてきたレーシック手術体験者の中には、片方だけしか出ない人はいませんでした。ほとんどの人にハロ現象とグレア現象の両方が発生していると思います。だからハログレアとまとめられるわけです。下の画像みたいな感じとよく説明されます。

f:id:mani-pani:20160818142904p:plain

 ハログレア現象は、レーシック手術をした人だけでなく、乱視がひどい人や、白内障手術でレンズを挿入した人、円錐角膜の人などにも発生します。特に、レーシック手術白内障手術においては、今までハログレアを感じたことのない人が手術後これらを感じるようになることから、「手術後数カ月で慣れる」といわれているものの、慣れない人もたくさんいます

 今までそんな現象が生じる眼じゃないから、画像を示されただけではわからないんですよね。それに、通常数カ月で収まるとか、ほとんど気にならなくなるとか説明されますし…軽く見ちゃうわけですね。また、参考の画像も基本的にはパソコンでエフェクトを追加したような画像で、実際の見え方とは少し違う気がします。

 

 そんな中、なかなかいい感じの画像を発見したので、その画像で説明します。ちなみにレクサスの画像です。余談ですが、私はレクサスと結構付き合いが長く、運転したことも助手席に乗ったこともかなりありますがいい車だと思います。ディーラーの対応も非常に丁寧だし。最近は、ラインナップの整備、性能含め外車と比べても全く見劣りしないと思います。みんな、レクサス買おう!(私は根っからのドイツ車好きですが笑)

f:id:mani-pani:20170326235428j:plain

 この画像のオレンジの円の部分、これが私の見える視界に非常に似ています。もっと範囲は大きいし、放射状の線の数は多いし虹色ですが。簡単に説明すると、カメラで撮ったような視界になるわけです。まず、光源の周りがこんなになっちゃうので、光源の形、例えばライトの形とかそのそばにある物が全く判断できなくなります。それに、この画像のように、ハログレアが奇麗な円状ではなく、星のように5~7方向ぐらいに伸びるんですよね。そして、吐き気するくらいきもちわるくなっちゃう…

 また、直接光を放っているライトだけでなく、フロントガラスの赤い円のように、ガラスに光が反射した場合にも光が拡散します。正直これのほうが辛い。光を直接見ないようにしてもその反射が目に入ってきますからね。驚くべきは、フロントバンパー下部の緑の円。この部分も地味ですが光が下方向に残像のように伸びていますよね?樹脂製のバンパーで、ガラスでも金属でもないのに反射光がハログレアになるんです。私の場合、日中夜間問わずです。これが本当に、本当につらい。家の中にいても光が怖くなるし、サングラスをかけても光の形自体は変わりません(オークリーのポラライズドレンズを使用していますが、多少反射光については形が小さくなります。でも本当の気休め程度です)

 日常生活で光が反射しない環境にいる人なんて、部屋を真っ暗にしているヒキニート(私)のような人間だけですよ。ご飯食べるときにスプーンやナイフ、食器に反射する光すらハログレアが発生するんですよ(大きさは小さいが)。外に出れば、光の反射しているビルや白塗りの建物は灼熱のオレンジに輝いて目を焼いてきます。レーシック手術前は、目を細めたり手で目の上を帽子みたいに覆えば何の問題もなかったし、アウトドアバリバリの人間でしたがサングラスを必要としたことすらなかったです。

 半端なく目が疲れるし、不自然に見えるというだけで気分が悪くなります。最悪吐きます(これについては、心的な原因もあるかもしれませんが)。こんな状態で早2年。

・症状は数カ月で収まります→全く収まっていません

・症状に慣れます→全く慣れません。というかこれに慣れろという方が無理

 上のレクサスの画像も私の見え方に近いというだけで、他のレーシック難民の方はどう見えているかわかりません。エクタジアの方は、信号が何十個にも分裂して見えるとおっしゃっていました。これは円錐角膜の方も同じかと思います

 ですから、レーシック手術前にハログレアの見え方をシミュレーションすることは不可能だし、慣れるか慣れないかすら判断できない。それならそう説明するべきなのです。

「当院で手術された方のほとんどはハログレアに慣れられていて問題ありません。ですがどれくらいハログレアが発生するか予測できず、シミュレーションできません。レーシック手術後、ハログレアが永続し、慣れることができずに車の運転他日常生活が困難になる可能性は否定できません」こう説明すればいいだけじゃないですか。読むのに30秒もかからないですよ。それすらしない。手術をやめる人がいてお金儲けの妨げになるからしない。法的に説明すべきとかじゃないんですよ。なんで散々もめていること、患者の生活に影響することをあえて説明しないのか。倫理的にバグってますよ?

 レーシック医師「俺のココ(頭を指しながら)、バグってるよ?」

 メイプル超合金は芸人だからいいけど、レーシック医師がリアルにこれですからね。笑ってられないよ。人生つぶされて笑っていられない。私の人生だけではな。レーシック手術だけでなく、白内障手術においてもたくさんこんな症状が出ている人がいますよ。でも、白内障を治療するためだからしょうがないよね、と軽くあしらわれます。お年寄りの方が多く手術されますから、医師によっては「どうせ仕事もしていないし大丈夫でしょ?」って感じでおよそ倫理性のかけらもない対応をする場合もあるんです。

 目に関する医師って碌な奴いない。そう思われてもおかしくないほど「見え方の質」についてはルーズに扱われすぎだと思うの。うん。

 

 てなわけで、ハログレアの巻きでした。このブログを読んでくれた方(手術していない)もハログレアを感じている人もいるかもしれません。ハログレアを感じないようになるメガネレンズ早く開発してほしい。レーシック後遺症だけじゃなくてほかのたくさんの方も救えるのだから。なんか、ネッツペックコーティングレンズとかあるけど、全くハログレアに効果ないのよね…

 私が愛用しているオークリーさん。どうにかなりませんかね?カールツァイスさんでもニコンさんでも誰でもいいのでお願いします。

 本日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。表示しているもの、個人情報が入っているので非表示のものも含めちょくちょくコメントをいただきますが、本当にうれしいです。これからも皆様よろしくお願いします。