Whoops! Lasik!~レーシック手術の落とし穴

レーシック手術を受けた経験から、レーシック手術の落とし穴を語ります。レーシック手術を考えている人は参考にしてください。

なんとか

 お久しぶりです。マニパニです。毎日お仕事は辛いですが、なんとか、なんとか生きています。

 

 やっぱり、この現代社会、何をするのもパソコンを使うわけです。パソコンなしの仕事ももちろんあるものの、どうしても使わないとだめな場合、使わないと仕事できない場合も多いですよね。それに、目を使おうが使わまいが、痛いものは痛いし、眩しいものは眩しいし…

 

 仕事をするようになってから思うことは、手術前の目ならもっとはつらつと、楽しんで仕事ができるってことです。仕事は楽しいです。お金ももらえるし、将来を思い描けます。結婚とかそういうのね。

 でも、いくら楽しくても、いくら夢を思い描けようが、目の痛みや異常な疲れで、その将来が不安定なものなんだと自覚させられます。

「今は仕事できているけど、これからもっとパソコンを使うことが増えて、もっと労働時間が増えたらやっていけるのだろうか?」

「結婚しても、幸せな家庭を築けるのか?人を不幸にはしてしまわないか?」

 

 もちろん、目に後遺症がなくても将来の不安はあるでしょう。でも、常に付きまとってきて逃れられない目の状況があると、毎日毎時間考えちゃうわけです。そんな状況では、面白い仕事も面白くないし、幸せな将来が重圧という形でのしかかってきます。

 そのたび、逃げたくなって、どうして手術を受けてしまったんだ。どうしてみんな成功しているのに自分だけなんだと思うこともしばしば。

 でも、家で引きこもって死にかけてた時に比べたら、毎日確実に前進しているんだ。それだけで生きている意味があるんだって。

 

 久々の記事がなんてことない記事ですがそんな感じの日常です。

(もともと自己満足の記事ばっかりだったけどね!笑)

 

 これから、寒くなって湿度も下がるし目の調子大丈夫かな~辛いな~痛いな~時には死にたいな~と思う。でも毎日生きていきます。他の難民のみんなも頑張っているんだ。レーシック問題の解決を見るまで死ねません。

 

みなさん、ご体調いかがですか?ツイッターやブログでも、ちょくちょく数年前にレーシック手術した方の、難民化や症状の表面化がある気がします。これから、もっと増えていくでしょう。手術を受けた人、とても心配です。

被害を受けても早まる必要はないですよ。私もなんやかんやで生きてますから。みんなでがんばりましょうや。

こんなブログを読んでくれて、本当にありがとうございます!以上です!

断言したらどうだい?

 さて、生きるのに毎日必死でブログどころではなかったまにぱにです。眼科に行くのにも、一日生きるのにもお金がかかるのでちゃんと就職しようとしようと思っても、目の調子、疲労感、そこから来る精神的な苦痛…いろいろなものが私を邪魔しますが、頑張って生きています。(ぁ…更新忘れててごめんね…)

 今回は、レンコンさんのブログの記事を受けて言いたいことがあるので、それについて書きたいと思っています。

レーシック手術をしている、後遺症患者を診ている医師の方、ちゃんと見てね

 

lasikganni.hatenablog.com

 

 レーシック手術では後遺症がたくさんあります。もうこのブログを見ていただいている方は聞き飽きていると思いますが…

 これらの症状をね、レーシック医師はもちろん、レーシック後遺症患者を診ている一般の医師も分かっているわけです。レンコンさんの記事を見てもそう、若倉先生だって知っていますよ。というか、自分が専門的にかかわる領域で起こっている事件です。知らない医師はいないです。

 例えれば、プロ野球選手が今年のドラフトの結果を知らないようなものです。そんなわけあるかと笑

 または、サッカー選手がFIFAワールドカップの次期開催国知らないとか?ですかね笑

 

 でもなかったことにしているんです。目を背けているんです。だって、レーシック理論ではありえない(笑)と考えているからです。

・ドライアイは治る!もともとドライアイの人だったんじゃないの?レーシック後別の事情でドライアイになったんだよ?

→んなわけあるかアホ。レーシック手術後難民でなくてもドライアイのやつがわんさかいるわ。それみんなレーシック関係ないの?ドライアイ概念って都合いいな笑

 

・夜間のハログレアは治ります!あっ治らなくてもなれますよ!

→んなわけあるかアホ。夜間どころか昼間からハログレアがでるわ。レーシックしてから昼間でも眩しいって言っている人、難民以外にもわんさかいるわ。

 

・未知の症状?そんなものレーシックと関係ないよ?現代の眼科医療ではーーー

→んなわけあるかアホ。私の知っている中でも少なくとも3名、レーシック後眼位がおかしくなって、眼位の矯正手術受けていますけど?自然にそこま眼位がずれることってありえないほどのプリズムずれてるんだけど?

 

 結局、結果が安全であることありきの理論構成なんですよ。臨床の現場からのフィードバックって大事じゃないの?理論がこうだから、お前ら後遺症患者の行っていることは嘘だ!ってことを言っているんですよ。レーシック医師は。

 じゃあさ、それを声を大にしてクリニックに来ている人、自分のサイトに書けや

「レーシックは生活に影響を与える後遺症を負うことは絶対にありません」レーシック後、ドライアイや眩しさを訴えている人がいますが、それらは嘘つきなので気にしないでくださいって。

 それはしない。絶対しない。責任持てないから。だから、どこぞの美容系クリニックは「治る」じゃなくて、「慣れる」「改善される」というあいまいな言葉を受かってごまかしている。専門の医師が知っているのにわざとこういう言葉を使うの。これって、積極的にだましているのと変わらないんじゃないですか?医療倫理としても論外ですし、人の道からも外れていますよね。

 最悪ね、これでもいいよ

「私たちは自分たちのお金儲けのために後遺症の存在を知りつつレーシック手術をしました。それに、後遺症の原因、治し方はわかりません。本当にごめんなさい」

 なんとかいえや。クソレーシック医師。あ、もちろんわかっていますね?レーシック医師がすべてダメなわけではなく、悪徳レーシック医師への批判です。

(まぁいわゆるいい先生でも治しわからないのにレーシック手術してるんだけどね…)

 

 心療眼科の若倉先生、一度診察を受けようと電話しましたが3か月待ちで無理でした。一度お会いしたかった。巷での評判も良く、実際いい先生なんだと思います。もちろん、患者に寄り添っているいい医師としてそれは尊敬に値することです。私が、この先生を嫌いでないことを前提に聞いてください。

 若倉先生はあえて、レーシック手術を知っている、後遺症を知っているのに心療眼科を設け、レーシック難民の診療を拒まないことから、先生の苦悩というか、葛藤がある気がします。業界の他の人の目があるからレーシックの問題点をいえない、でも医師としては診察は拒みたくない、原因がわからないけど何とかしてあげたいんだと。これは勝手な妄想ですがね。

 現場の患者に一応は寄り添おうとするだけ、いい先生なんだと思います。他の眼科医はこうは行きませんよ。そう考えると、眼科医の倫理偏差値ってひっくいと思います。普通に患者を思いやれば偏差値65!みたいな笑

 

いきなりの総括ですが、表題通りもう治らない、わからないなら初めからそう言ってくれたほうがましですよね。って感じ…(じゃあここだけ読めばええやんけ)

 

 めちゃくちゃ長い記事になったうえ、久々の記事がこんなに汚い言葉のオンパレードで読む方を不快にさせてしまって申し訳ありません。しかし、自分の生活のために活動すればするほど、失ったものの大きさ、どうしてそれを失うことになったのか、やり場のない怒りがこみあげてくるのです。

 また次はためになる記事をかけるように努力しますので、よろしければこんなブログですが今後もよろしくお願いします。もう寒い地域も出てきているので、暑さとの差で風邪をひかないように気を付けてくださいね。

 

それでは~ 

 

 

おったまげ!レーシック保険とな!?

 どうも。暑すぎてバターになっちゃいそうです。七月は面接ラッシュなのですが、もう今から気分がすぐれないまにぱにです笑

 さて、最近ジストニア慢性疲労症候群、眼瞼痙攣、化学物質過敏症線維筋痛症など様々な病気の方とツイッター上交流してます。私もレーシック後遺症について知らない方が多く、自己責任だとされるのが苦しくて、知ってもらおうと情報発信を始めました。ですので、いろんな病気、症状、苦しみを知ろうと比較的ツイッターは確認しています。そんでね、ふと自分のフォロワーに目が留まったわけです。「レーシック保険」さん。なんだこれ?ってなって調べてみました。これは記事にしないとなと思うことがあったので今回はレーシック手術と保険についてお話したいと思います。

※今回は、別にレーシックステマクソサイトを晒した時とは違い、私怨は一切ありません。公平中立な立場からレーシック保険について考察できたらなと思います。

 

 「レーシック保険」さんは、ネット上で、レーシック手術の保険を作ろうとクラウドファンディング的なことをなされているようです。ただし、賛同するだけでお金がかかるわけではないようですが。以下のサイトですね。

https://www.change.org/p/%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%BD%E7%94%9F%E5%91%BD-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E6%89%8B%E8%A1%93%E3%81%AB%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%81%97%E3%81%9F%E6%99%82%E3%81%AE%E4%BF%9D%E9%99%BA%E3%81%8C%E6%AC%B2%E3%81%97%E3%81%84/c?source_location=petition_show

 

 さて、「レーシック保険」さんに申し訳ありませんが、結論から言わせてもらうと、レーシック手術に保険を作ることは不可能だと考えますし、できたとしても実効性はないものと考えます。

以下理由を述べます。

 レーシック手術を受ける時に保険がなくて心配です。
過去にレーシック関連の問題がメディアによって騒がれたこともあり、レーシック手術を受けたのに効果がなかった、もう一度手術を受けないといけなくなったなど、心配があります。

現在、レーシック手術を受ける人は年間45万人ほどいると言われています。
年齢によるリスクの高さは多少あるかもしれませんが、誰しもが再手術の可能性があることを考えると、多少、お金を払ってそのリスクに対処できるようになっていると良いと思います。

  とあります。このことから、「レーシック保険」様はレーシック手術の再手術のための保険を検討されているようです。つまり、再手術が必要な場合、その再手術費用を保険で填補するということですね。これが、まともな金融商品となりえない要素を語ります。

 

そもそも、ほとんどのレーシッククリニックでは再手術に当たり保証を設けている。

 レーシッククリニックで再手術の保証を行っていない病院を調べてみてください。ほとんどないと思います。まぁそれでも保証を行ってないクリニックもありますから、この否定根拠は弱いものですね。

 

➁再手術が容易ではない。

 レーシック手術において、簡単に再手術が行えるような考えが横行していますが、まずありえません。「初めの手術で近視を矯正し、その後近視が進行した場合であり、ドライアイの所見も全くなく、進行した近視度合いに見合った角膜の切除量を見込んでも、再手術後エクタジアのリスクを考慮した残余角膜量がある場合にのみ再手術はできる」と考えるべきです。それに、手術前に再手術の適用条件を明示、説明しているクリニックはほとんど皆無です。なぜだと思いますか?レーシック手術はもともと再手術を行うことありきでできていないからです。再手術はかなりのイレギュラーなのです。むろん、この場合にもハログレア等の後遺症の発生確率は初期の手術よりも増えますので、再手術を行ったことで快適になるとは限りません。また、過矯正の遠視になった場合、レーシックの再手術を行って快適な目に戻ることは不可能であるとお考え下さい。

 

③再手術が可能で容易な場合であったとしても、クリニックがYESといわないと再手術はできない。

 レーシックの再手術は、初期の手術よりも何倍も後遺症の可能性が増えます。ですから、まともなクリニックは、レーシック手術をもう一度してくれといわれたら断ります。あとでややこしいことに巻き込まれたらたまったもんじゃないので。一回目の手術で過矯正で遠視になった場合はなおさらです。過矯正になった時点で、レーシック手術のセオリーに反したイレギュラーな患者なのにそんな人の面倒みられませんよ。逆に、再手術への用意がとんとんと進んでいくクリニックや適切なデメリットの説明がないところは間違いなく地雷です。再手術後後遺症が出ても何の責任も負ってくれませんし、治せません。それに、こうした状況で再手術してよくなった方の話を私は今まで耳にしたことがありません。

 

そもそも、最初のレーシック手術時に適切な情報が提示されない。

 レーシック手術の最大の問題は、主に美容系クリニックによる説明を省略し、適用を誤った手術が流れ作業で行われることです。たくさんのレーシック難民の方とお話してきましたが、自分の残余角膜(見込み)を知らされることなく、一回で再手術も不可能なほど角膜を切除されることもざらであります。こうした場合は、いくら保険に入っていようが、「あっそう。でもうちでは手術できませんので」で終わりです。保険の実効性がなんらないのです。

 

レーシック手術の手術数は右肩下がりで、おそらく今後絶滅する。

 これは、データを見れば火を見るより明らかなのでいうことはありません。危険性も認知されたといことなら喜ばしいのですが……笑。ただ、レーシックに懲りずもっとあくどいお金儲けをしようと企てるボケナス元レーシッククリニックがICLを絶賛売り出し中なので、それにとってかわられるでしょうね。ですから、限りなく数が減るレーシックに対し、さらにその中でも数が限りなく少ない再手術に保険を作ろうと思っても、およそ採算が取れない。

 

 ふぅ。レーシック手術に保険を作ることができない、意味がない理由はこんなところですかね。わかっていただけましたか?。まぁこのご時世、保険に入ってまでレーシック手術しようという人はほとんどいないと思いますが忠告します。保険で対応できるような簡単な問題ならみんな治ってるってね笑

 あと、今から述べることは上記の保険否定根拠とは関係のない私見なので、最後に書くことにしました。

みんなで署名を集めてレーシック用の保険を作り、安心して手術を受けられる世の中にしましょう!

  そんな世の中にしなくていいです。こんな手術調べれば調べるほど、患者側に不利で医師のお金儲けのための博打です。私は、患者の願望を逆手に取り、医師が患者を食い物にするような手術は反対です。

 近視矯正手術(レーシック、ICL、白内障多焦点レンズを含む)、歯のインプラント、美容整形などですね。美容整形でもかなりの被害者がいますけど、見てみぬふりですからね。中には、美容整形で一旗揚げて人気者になっている先生もいますから。ただ、沢山の幸せを作ろうが、深刻な事故や被害者がいる実態は忘れないでほしいものです。

 さて、今回は以上です。急いで作ったのでまとまってないかもしれませんが、お読みいただけたらなと思います(え?最後にいうなって?)。

 毎度毎度、みなさまにご観覧いただき、感謝感謝でございます。それでは!

 

検索から見えてくるもの

 どうも、まにぱにです。最近目の調子がいいというか、がむしゃらに就活しているせいで、痛みを気にする暇もありません。いいことだ。人並みの生活をしているような気持ちになれます。

 そういえば、ブログの形式があまりに縦長になって見にくかったので、サイドバーを追加してレイアウトを変えてみました。レーシック難民のかえでさんや、ヴィジュアルスノウ減少に悩まされる方のブログのリンクも作ってみましたので、ぜひご覧になってくださいね。

 さて、ブログをいじったついでに検索ワードがふと気になったわけです。どの検索ワードで、どの記事を読んでいただけてるのかってやつですね。お店だと顧客調査みたいなものですね。それでしらべたら、意外な結果が出てきました。

 

 グーグルで多い検索キーワードが「レーシック、品川近視、マニパニ」とか笑

 やはり、医師が監修しているといいつつデマ情報を流している、超人気サイトのスキンケア大学と強い関連をうかがわせるなど、いろいろなメディアを駆使し顧客を非常に熱心に誘引されている業界最王手で、なおかつ万全のアフターケアを謳っている品川近視クリニック様ですから、そりゃ皆さんレーシック手術を考慮する際には一度はこの病院を目にすると思います。みなさん品川が大丈夫か気になっているようですね笑

 

 私は、レーシック難民を救う会の方やら、その関連で入ってくる話でしか、品川近視クリニックのことを語れませんが、こんな感想を持っています。

 品川近視クリニックの経営母体である翔友会は、品川近視クリニック以外に、品川スキンクリニック、品川デンタルクリニック、新宿ストレスクリニックという自由診療を主な医療サービスとして、非常に自由な値段設定をされており、自由で革新的なビジネスモデルを確立している誉れ高い団体であります。そのせいか、嫌がらせが多いのか、なぜか手術後、不調を訴えてクレームを出す患者が多いようです笑。きっと何かの気のせいでしょう笑。あ、そういえば、品川近視クリニックは、被害者と名乗る方々から、複数の訴訟を起こされています。最近ではレーシック集団訴訟がニュースになりましたよね。

 おかしいですねー。手術数も日本一で、安全な眼科専門医が手術をしていて、安全性が極めて高いレーシック手術コンタクトレンズよりも安全なんです(大爆笑)

 そんな技術によって手術をして後遺症を負った人とか嘘に決まっている!え?軽く20人以上いるって?何かの気のせいだし、精神病患者だろう。

 

(頼むから冗談っていうものを理解してくださいね……)

 

 ということで、このブログの過去の記事と、この記事を合わせて読んでみて、当該クリニックが安全で良心的なクリニックだとお考えなら、手術を受けてみたらいいんじゃないでしょうかね?まぁ、沢山の訴訟を抱えることが普通だと感じたり、それだけ悪質なクレーマーがいるだけだと考えるかどうかはそれぞれですね。

 私個人の考えを述べさせていただきますと、噂であっても問題が多いとささやかれているところに飛び込んでいく勇気はありません。そして、飛び込んだとしてもだれも責任を取ってくれません。つまり、手術を受けないほうがいいということです。それは、上述のクリニックに限らず、すべてのクリニックでです。

 

 さぁ、検索について十分に真実?を語ったところで今日はこれで終わりとします。最後までお読みいただきありがとうございました。あ?皆さん、冗談とかユーモアっていうのをわかったうえで今日の記事をよみましたか?笑

 まにうけちゃだめですよ!!それでは!