読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whoops! Lasik!~レーシック手術の落とし穴

レーシック手術を受けた経験から、レーシック手術の落とし穴を語ります。レーシック手術を考えている人は参考にしてください。

今の私の目の状態

 今まで書くことなく進んできましたが、疑問に思う方もいるかもしれないので、現在私の目がどのような状態か書いてみたいと思います。

 私がレーシック手術を受けて感じたのは、レーシック手術を受けて目が見えるようになってもこんなものか~ということでした。だって眼鏡の時と見え方は対して変わりませんからね(遠方が見えるという意味においては)。そして、違和感を感じたのは、手術直後でした。具体的には、物がかすんで白っぽく見える、朝起きたらまず目薬を差さないとやっていけないくらいに目が乾くというものです。しかし、この違和感をだましだまし生活してきました。なぜなら、クリニックの説明は、ドライアイもハログレアも半年から一年で改善するという説明だったからです。

 半年が経過したころから、レーシック手術の後遺症につき、ずっとインターネットで検索するようになりました。その頃からですかね、自分の目がおかしくなったことに気付いたのは。具体的には、朝目が明けられないドライアイが続いたこと、もちろん目薬を差さない日なんて一日もありませんでした。また、ドライアイのせいかわからないのですが、目薬を差しても目がゴロゴロしたり、痛みが発生するようになりました。なんか、ずーっと目がしみる感じです。目のピントも合わせにくくなり、たまに像がダブったり、自分の目で物をしっかり見ているという感覚がなくなりました。それに、夜間発生するといわれたハログレア現象が、昼間にも発生し、昼間も夜間もギラギラのオンパレードだったこと、簡易的なレッドグリーン検査(視力検査の表の緑と赤のわっかを見てどっちが濃いか答えるもの)で、グリーンのほうが断然はっきり見えたことです。

 この中でも個人的に一番きついのは、昼間発生するハログレアです。例えばテラスから明るい光が差すスタバの室内灯がLEDだった場合、明るいにもかかわらずこの光源にハログレアが発生する。太陽の光に極端に弱くなり、空を見上げることができなくなりました。曇りの日ですら雲の後ろの太陽のせいで、雲全体にハログレアが発生します。炎天下の中歩くサラリーマンのYシャツに太陽光が当たっているのにもハログレアが発生しているときには発狂寸前でした。逆光に立っている人や物はハログレアによって、光に包まれているようになり、見えなくなりました。車のガラスの反射光とかも死ぬほどつらいです。まさに、下の画像のように見えるのです。こんな状態ではまともに外に出られなくなりました。

f:id:mani-pani:20160820215818j:plain

 また、他のレーシック難民の人にも生じている過矯正に自分がなったのかと思い5件ぐらい眼科を回りました。オートレフで検査してもどこの眼科でも、左目+0.25、右目+0.5くらいの遠視です。これは、ごく軽い度数にみえます。しかし、左目+1.25、右目+1.5の眼鏡をかけても片目の視力は1.0くらいを保てるんです。このことから、多数の医院で、潜伏した遠視がもっとあるとのご指摘を受けました。遠視のせいか、頭痛や眼精疲労を毎日感じるようになり、体力がなくなりました。以前は、ゲームパソコン徹夜でドントこいという目だったのに、勉強も含め近所の作業が辛くなりました。

 この時期ぐらいから、目のことしか考えられない生活になりました。それと同時に、どうして私だけなんだという感覚にとらわれました。私の周りで数名レーシック手術を受けた人がいましたが、至って経過が順調だったからです。自分の目がこんなになるまでは、レーシック難民は眼鏡業界の人が嘘で記事を書いているのではないかと思ったりしていましたが、難民の存在は本当でしたね。レーシック難民の人のブログを信じて、こんな手術受けなければよかったと、死ぬほど悔やみ、自分に対しての怒りもわきました。

 目が気になり、毎日現状の解決策を調べるが、有力な情報はない。自分が精神病になったから症状が出たのではないかなどと考えましたが、私の場合は目に症状が出てからそれにより精神がむしばまれていったのです。自転車に乗ったり、外で写真を撮ったり、アウトドアが好きだったのにできなくなりました。そうすると、好きなこともできないのかと絶望感が募り、鬱っぽくなって精神科のお世話になることになってしまいました。一度首を吊ろうと自殺未遂でいきました。幸い、今は死ぬ気はないので、薬を断薬して生活しています。でも、このまま一生この状態なのかと、絶望する毎日ですよ本当に。

 しかし、一点だけ他のレーシック難民の方とは異なるところがあります。確かにハログレア現象に悩まされ、光に弱くなったが、幸いパソコンをすることは何ともないんです。もちろん、眼精疲労や頭痛はありますが、パソコンの光で目がいたいということがないという意味です。ですから、病院の予約を取ったり、こうしてレーシック手術の危険性を知ってもらうためにブログを書くことができるんです。これだけでもましだと思います。中には、私よりも数倍症状がひどいのにお仕事を続けている、レーシック難民のくろねこさんや染井さん、バッジョさんがいます。この人たちのブログにどれだけ助けられただろうか。こんな軽い症状で悩んでいる私は、レーシック難民といっていいのか正直わかりません。彼らのように、理不尽な手術で逆境に立たされ、奮闘する人がいる以上、自分もくじけずにしぶとく生きようと思うようになりました。これから、レーシック手術の後遺症に悩み、家に引きこもるしかなくなった人に希望を与えられるように、レーシック手術の現状を知ってもらえるように、このブログはずっと続けていきたいと思います。更新頻度が少なかろうが、しょうもない記事しか書けなくともです。

 最後になりますが、レーシック手術の後遺症を負った人は案外います。外見で気づかないか、外にでられないだけです。そして、彼らが述べる苦悩はウソではありません。私がレーシック手術前嘘だと思ってしまったように、みなさんにもそう思ってほしくない。まぁ自分がなっちゃったから都合のいい我儘かもしれませんが。でも、せめてみなさんには今の生活をつぶすようなことはしてほしくない。もう一度その手術が必要か考え直してほしい。そう思います。

 今回は特に自分のことだけで有益な情報は書けませんでしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします。