読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whoops! Lasik!~レーシック手術の落とし穴

レーシック手術を受けた経験から、レーシック手術の落とし穴を語ります。レーシック手術を考えている人は参考にしてください。

レーシックの事前説明と現実の乖離

 どうも、マニパニです。書くネタがなくツイッターを眺めていたら、レーシック難民ではないものの、レーシックによる副作用が気になっている方のブログを発見しました。例にもれず、やはりずさんな事前説明だったようなので取り上げます。

 こういった記事を見ることで、レーシックについて不満を述べているのはレーシック難民だけではないんだなって分かって安心します。巷では、レーシック難民は存在しないとかいうクソサイエンスライター竹内薫なる人もいますからね。この件についてはツイッター上で難民さんと多数やり取りがあったにもかかわらず、レーシック難民は「竹内薫の知る一流の病院での後遺症治療を受けなかった人、聞く耳を持たない人、とある業界からお金をもらっている人」的に書いて、レーシック難民の名誉をクソほど蹂躙したのであえて名指しします。

 それでは、以下引用した記事を紹介していきます。その前に!いきなりレーシック難民と名乗る胡散臭い私のような人物からの引用を快く許可してくださったうさぎ様に感謝申し上げます。

引用を許可してくださったうさぎ様、ありがとうございます。リンクは以下です。どんどんアクセスして、レーシック難民でない方でも不具合を抱える方がいること、ずさんな事前説明の実態があることを知ってくださいね。

www.100made.info

www.100made.info

ハロー・グレアのまぶしい現象は手術直後からあったんですが、「1年くらいで治まります」って眼科で言われてました。でも13年も続いています。

ちなみに最近、眼科で眩しさについて相談したところ、ハロー・グレアの眩しい現象は、

「1年くらいで治る」

のではなく

「1年くらいで気にならなくなる」

ということらしい。

私は13年経った今も眩しさ(ハロー・グレア)が

かなり気になりますけど!

 本当に、この通りですよ。医師の方は「1年くらいで気にならなくなる」という説明をします。でも、問題なのは、気になってしまうこと、ハログレアが残ってしまうことですよね?なら「気になるかどうかは人によること」、「ハログレアがなくならず気になっている人が存在すること」を説明してそのリスクに対して同意するというプロセスを踏む必要があります。これが、インフォームド・コンセントですよね。

 また、上記の引用について気づきましたか?手術前は「1年くらいで治る」といったにもかかわらず、手術後に検診に行くと「1年で慣れる」に代わっていますよね。こうして、最初から「慣れる」と事前説明したかのように、レーシッククリニックは説明逃れの態勢になります。

 ちなみに、ハログレアが残るとこんなことになります↓

困るのが夜間と雨の日の運転時に前方が見えにくいこと。

f:id:ai4106:20170409074854p:plain

※こんな感じで光が伸びて見える

雨降りの夜は本当にしんどいです。対向車のヘッドライトと街頭が水滴に反射して本当に見えにくい。反射の光が長く伸びる(通常時の5倍~10倍)感じです。

 こんな状態で、安全に車が運転できますか?ヘッドライトは一つではなく、無数ありますし、車は一台ではありません。また、街灯もたくさんありますよ。それなのに、医師は、「夜間運転することができなくなることがあります」とは絶対にいいません。まぁ、私のように昼間もハログレアが発生する人もいるのに(私以外でも多数確認済み)、「夜間」のみの注意というのもおかしいですけどね。

 ちなみに、私たちレーシック難民の記事をきちっと読んだうえで、確認事項のメモを作ったりして、レーシック手術や、白内障手術などの屈折矯正手術を受けようとすると、医師からは「細かいこと気にする患者」扱いされるみたいですよ笑

lasikganni.hatenablog.com

 ハログレアを気にすることとかが細かいことなら、レーシック医師は全員目を削ってハログレア満載の視界で一生過ごしてください。って感じ笑

 

 また、リスクはハログレアだけではありません。

36歳での老眼。

 

はえーよ、早すぎるよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は当初、メガネがうっとうしくて、

メガネ人間をやめたくてレーシック手術を受けたはず。

 

でも今は、

 

・車の運転は眩しさ防止のサングラス(レンズが黄色いやつ)が必要

 

・本や新聞を読むときは老眼鏡が必要

 

 

つまり

 

 

近視用メガネをやめたくて

 

33万円払ってレーシック手術をしたけれど、

 

逆にサングラスと老眼鏡を手放せなくなった。

 など、老眼が早く来ること、眩しさが増加することからサングラスが手放せなくなることもあげられます。ですが、レーシッククリニックは「手術後、一切視力矯正が不要になるわけではない」とか、一見わかりにくい二重否定の表現を使ったりしてごまかします。堂々と「老眼を感じる年齢が早くなり、老眼鏡による視力矯正が必要になる場合があります」「眩しさの増加により、サングラスが必要になる場合があります」ってかけよ、ボケカスレーシック医師

 この説明でも、「場合がある」よって、一定の留保をつけたうえでありうるリスクを説明していますよね。こう書いて患者がそれに同意した場合、それこそクリニックに責任追及しにくいですよね。でも、なぜか書かない。

「だまして」

「どうでもいい他人の目を削って」

「お金儲けがしたいから」

 なんです。あえて断定して書きます。なぜかって?世の中にはたくさんレーシック難民また、引用したうさぎ様のように、レーシック難民ではないが不具合を抱えている人がいて、これを医師に報告しているにもかかわらず、正しい情報を出さないからです。こういう状況があるのに情報を出さないという不作為は、もはやだましているという作為と同じですよね。

 さて、上記のうさぎ様のブログのように、レーシック難民の方でなくとも、不具合を感じる方がいることをわかっていただけましたか?私が大げさなことをいっているのではないとわかっていただけましたか?

 うさぎ様のブログのコメントで、レーシック手術を検討していたけどやめることにしたとか結構あるので本当に安心です。

 

 みなさまも、こうした現状を知って、レーシック手術って危険なものだよって認識して、できればこれをほかの人にも広めて、さらにできれば私みたいな人を理解していただけると本当にうれしいし、ブログやってて救われたと思います。毎度毎度、最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

さくらが奇麗に咲いているので散らないうちにお花見を楽しんでくださいね!では!