読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whoops! Lasik!~レーシック手術の落とし穴

レーシック手術を受けた経験から、レーシック手術の落とし穴を語ります。レーシック手術を考えている人は参考にしてください。

レーシックの失敗ってあるの?→失敗はありまぁす

 どうもマニパニです。先日、「レーシック」「失敗」で検索するとクソ記事が出てくるといいました。どうしたものか。こうなったら真実を明らかにするためにも私のブログが一番上に出てくるようにしかない!ということで失敗という単語を今後全部の記事に入れていきたいと思います(大嘘)。

 

 ということで、今までの記事でもレーシック手術の失敗については何度も説明していますが、今一度言っておきますね。

 

 ズバリ!

レーシック手術の失敗=満足できているかどうか

 これにつきます。

 だって、レーシック手術QOL(クオリティーオブライフ)を上げるための贅沢手術です。そうであるにもかかわらず、手術結果に不満足であるということは、QOLが低下していることに他ならない。だから上記の等式が成り立つの。

 

 よく見てみるといいよ。ほぼすべてのサイト(医師やクリニック監修のもの)にはレーシック手術の失敗って何が失敗って明記されていないんですよ。望む通りの視力が出ない場合でさえも失敗ではないと書いているサイトがあるくらいですよ笑

 視力を上げてQOLを上げるための手術なのになんでそれが失敗じゃないんだよ笑。何のために手術しているのか医師は1万回唱えてみましょうね笑

 

 それでは、クソ医師のいうレーシック手術の失敗って何か。ズバリ、「失明すること」だと考えているようです。なんでかというと、どのサイトでも↓↓

 Q:レーシック手術って失敗するの?不安!

 A:レーシック手術はリスクはありますが失明することはありません

 って書いてあるから。嘘だと思うなら調べてみ?しかも、リスク(笑)ですらも、全部治療できるような言い方なの。うん。じゃあ治して笑

 そりゃ、失明したら失敗でしょ…心臓のバイパス手術で心臓の機能をダメにしたら失敗でしょ。そんなことは馬鹿でもわかる。そうじゃないでしょ。脳腫瘍を摘出する手術において、その腫瘍が摘出できればそりゃ成功っぽく見える。でも、その過程で脳のほかの部分を傷つけて手にしびれが残った。もちろん、しびれを残さずに手術することは技術的に可能だし、事前にしびれを生じやすい体質かスクリーニングできた。そういう前提があるならこれも失敗でしょ?レーシック手術によって後遺症を負った人はまさにこれと同じ。適当なスクリーニングと説明によって負わなくていい傷害負っているの。レーシック手術にドライアイやハログレアはつきもの?はぁ?そんな症状が永続するのがつきものならただの欠陥手術というか人体実験じゃないか。しかも、視力を上げるために、見ること・見る質をドライアイとハログレアによって落とすという矛盾手術笑

 美容整形でいうと、顔のフェイスリフトをしたけど笑顔になると糸が引っ張られて痛いとかとおんなじ。美しい顔で笑顔でいたいから手術するのに、笑顔になると痛いの…

これが本当に手術の成功っていえます?少なくとも人の心のある医師ならその人の幸福を奪ってしまったって心が痛まないの?謝ることはできるでしょ?モラルハザードでもいいから医師なら保険はいっているでしょ?金銭賠償すらできないの?

 聞くところによると、医師の倫理教育って形だけのものが多い。中には、医療過誤で訴訟にしたくないから絶対に非を認めない場合もある。医師としての倫理を忘れているよね。ヒポクラテスの誓いを知らない医師はいないと思う。日本医師会にもあるよ

http://www.med.or.jp/doctor/member/001014.html

 

1.この術を私に教えた人をわが親のごとく敬い、わが財を分かって、その必要あるとき助ける。
2.その子孫を私自身の兄弟のごとくみて、彼らが学ぶことを欲すれば報酬なしにこの術を教える。そして書きものや講義その他あらゆる方法で私の持つ医術の知識をわが息子、わが師の息子、また医の規則にもとずき約束と誓いで結ばれている弟子どもに分かち与え、それ以外の誰にも与えない。
3.私は能力と判断の限り患者に利益すると思う養生法をとり、悪くて有害と知る方法を決してとらない。
4.頼まれても死に導くような薬を与えない。それを覚らせることもしない。同様に婦人を流産に導く道具を与えない。
5.純粋と神聖をもってわが生涯を貫き、わが術を行う。
6.結石を切りだすことは神かけてしない。それを業とするものに委せる。
7.いかなる患家を訪れる時もそれはただ病者を益するためであり、あらゆる勝手な戯れや堕落の行いを避ける。女と男、自由人と奴隷の違いを考慮しない。
8.医に関すると否とにかかわらず他人の生活について秘密を守る。
9.この誓いを守りつづける限り、私は、いつも医術の実施を楽しみつつ生きてすべての人から尊敬されるであろう。もしこの誓いを破るならばその反対の運命をたまわりたい。

 

 

  レーシック医師がこれ守っていると思う?いや、なにがなんでも守れってわけじゃない。でも、これを根幹に、志にして医療行為行っていると思う?レーシック手術だけではない。歯のインプラントも、美容整形も、安全性が確認されていない子宮頸がんワクチンも一緒。患者はなってしまったものはしょうがない。別に医師に死ねとは言わない(それくらい怒ってはいるが)。ただ、人として謝ることもせずに金のために笑顔で犠牲者増やしていることに怒らないわけがない。いい加減にしろ。そんな気分。

 

 いい忘れていたけど、以上は私の思うレーシックの失敗、医師の倫理観についての考えであり、法的なレーシック手術の失敗(債務不履行、注意義務違反)の話をしているわけではないのであしからず。

 

 レーシッククソ医師「レーシック手術の失敗はあるのか?」

 レーシック難民「レーシック手術の失敗はありまぁす!」

 

 ということで今回の記事を締めさせていただきたいと思います。本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。やっと当ブログのアクセス数が2万を超えました。検索でも上位に挙がってくることも増えてきたので、少しずつレーシック手術の真実が広がっていると思うとうれしく思います。今後もみなさまよろしくお願いします。