読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whoops! Lasik!~レーシック手術の落とし穴

レーシック手術を受けた経験から、レーシック手術の落とし穴を語ります。レーシック手術を考えている人は参考にしてください。

レーシック難民達のなんとなくの共通点

雑記

 どうもマニパニです。目に関しては、最近眼科に通っていないのもあって、そんなに変わらないです。まぁ通ってもかわらないんですけどね。ただ、目にストレスをかけないことをここ最近心がけています。お風呂で眼を温めたり、蒸気マスクを使ったり、そんなに変化は感じないけど積極的に遠視矯正眼鏡を使う、点眼の回数を増やす等。少しましな感じもします。

 目の状態に一喜一憂し、鬱っぽい私。特に朝は絶望し布団からも起き上がれないし、早起きできない。人生にも絶望中です。でも、他のレーシック難民さんを見ると頑張らなきゃなと思いつつ、ふとある共通点に気付きました。それはね、他のレーシック難民の皆さんが優秀すぎること。

 

 有名なくろねこさんは、目の痛みが想像を絶するレヴェルであるにもかかわらず、世界渡り歩いてバリバリ仕事しているようです。バッジョさんも、夜勤をこなしているだけでなく、日々生活で接する方へレーシックの危険性を啓もうするなど普通の人ではできないことをしています。レンコンさんも、上場企業でバリバリのOLでしたようです。ツイッターでからむ他の難民さんも、各自目の調子が恐ろしいことになっているのにバリバリ働いているし、人としての能力が非常に高い。こんな少しのやり取りでもその人の素性の良さだけでなく、思いやりのある人であることがわかる。また、みなさん目の状態によって、心も体もボロボロのはずなのにガンガン行動している。心が折れて死んだような生活をしていてもおかしくないのに。

 こんな現状を見ていると、レーシック問題は本当に大きな社会的損失を与えたと思う。きっと、みんな日常生活で活躍なさっていたのだと思う。でも、ただ視力が悪いことだけがコンプレックスというか、不便なとこだったのだろう。それをレーシックによって解決できたら、さらに素敵な日常をおくれるだろうし、社会的にも貢献できるとはずだった。

 本当に何とかして解決してほしい。みなさん絶対に普通の人の何倍も活躍できる人たちだと思う。現に、後遺症を負っても人並み、いやそれ以上の活躍をしているのだから。

 

 他の人と比べると余計に自分がみじめになってきますが、他の難民さんの存在によって今の自分が生かされている気もします。みなさんを見習って、少しでも前を向いて自分のできることをする。頑張って生きたいと思います。

 目に不具合がなくても、日常生活に不具合を抱えている人は多いでしょう。でも、少し立ち止まってよく周りを見てください。同じ境遇の人が必ずいます。その人たちを見習っていきましょう。きっとあなたの生活の糧になるはずです。人生山あり谷ありですが、おかれた境遇の中で戦うしかありません。みんなで頑張って生きましょう。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。はぁ、他の難民さんを見習わないとと思いつつも、先日購入したロトセブンで10億当たったらなと卑しい気持ちに支配されます笑