読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whoops! Lasik!~レーシック手術の落とし穴

レーシック手術を受けた経験から、レーシック手術の落とし穴を語ります。レーシック手術を考えている人は参考にしてください。

気づけばもう…

 おそくなりました。気づけばもう年開けてから一か月近く経っているんですね!あけましておめでとうございました笑。レーシック手術によって後遺症を負う前は、年始に今年の抱負を家族で語っていました。今はないです。目を元に戻してほしい。それ以外の望みはないです。

 後遺症によって精神的につらいのはもちろんです。でも、今までできたことが肉体的に不可能になってしまったことが一番大きいです。今まで健康に暮らしてきたので、将来の夢、目標なんてものはそれを前提に考えていました。それが、もうできないのか。夢をあきらめないといけないのか。それが一番つらいですね。

 

 しかし、反面、得られたこともあります。それは、やさしくなれたこと。今までは、困っている人、社会的弱者にはやさしくすべきだという感覚で物事を見ていました。でも、自分が窮地に立たされることで、本当に困っている人の気持ちが分かるようになりました。真の意味で共感することができるようになりました。自分の視点から見える世界が広がった。これは、私の目が元に戻っても戻らなくても財産となるものです。

 どうか、この強くなった私を社会で活躍させたい笑。活躍させられるように早くレーシック手術の後遺症に対して治療方法が確立されてほしい。少なくともこんな被害者たちを生み出したクリニックの責任は追及されてほしいという感じですかね。これが今年の抱負かな。

 

 今でも毎日絶望します。こんな一日がまた始まるのかと。後遺症を負ってから、非常に死というものが近く感じます。どんどん目の前にシャッターが下りてくる感じ。下をくぐって前に進むのが苦しくなってくる。このまま閉じたほうが楽なんじゃないかと。シャッターが下りてくる前はシャッターの存在すら気づかなかった。でも、今はほとんどおりかけたシャッターを無理やり持ち上げて前に進んでいる。向こう側にきっと素敵なことが待っているという希望。それだけが前に進む原動力です。

 

 レーシック難民の皆さん。このブログを見てくださった人。昨年はお世話になりました。みなさんの励ましがあったから生きてこられました。これからもレーシック難民にとっては、毎日が戦いでしょう。でも、今年も負けないように頑張って生きたいと思います。皆さんもよいお年になりますように。今年もよろしくお願いします。