読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whoops! Lasik!~レーシック手術の落とし穴

レーシック手術を受けた経験から、レーシック手術の落とし穴を語ります。レーシック手術を考えている人は参考にしてください。

やっぱりか!~利益主義医療の闇~

雑記

 どうもこんばんは。まにぱにでございます。ツイッターを見ていたらニュースが飛び込んできたので早速記事にします。それではまずリンクを見ていただいて…

www3.nhk.or.jp

 でででーたーーー!保険外診療で闇が深いインプラントー!もう、レーシックとインプラントは二大黒魔術といってもいい気がしますね。どっちも、眼科医、歯科医はしないくせにすすめる感じですね。私は、自分が保険外診療でこんなんになってしまったので、インプラントは絶対にしないですね。なにせ、私が学生時代に見学に行った弁護士事務所ですでに何件か訴訟になっていたし、私のおじさんがインプラントなんですが、頻繁に不具合を感じて歯医者に通っているからね…。でも、私も愚かです。身近に失敗例があると絶対にしない!(キリッ)ってなっているのにレーシック手術受けてさらに後遺症負ってますからね…。身近にレーシック手術失敗した人がいればうけなかったのかなぁなんて後悔があります。まぁ、身近に不幸になった人がいないって分、いいことなんでしょうけどね。

 

 こういったニュースを見るたびに思います。①健康な人にする手術、②別にやらなくてもいい手術、③保険外診療。この三つを兼ね備えているものにろくなものはありません。なぜかって?利益主義の金儲け医師が群がってくるからです。その結果、何が起きるか?↓↓↓

 金儲け―金儲けー。手術数を増やしてたくさん稼ぐぞ→手術数を増やすには広告もたくさんしなきゃ→人もたくさん来るし、施設も拡大、機械も仕入れて、バイトで小遣い稼ぎの医師をホイホイ雇うか→細かく説明していると時間かかるし省くか!→しまった問題が起きた!しかし、広告費、施設費、人件費が膨らんでいるからやめることはできない…「せや、先進医療で医療水準もあいまい、同意書をいじくって訴訟しにくくするんや!」→問題が起きているのにどんどん患者が来てつぶれないクリニック。もちろん医療訴訟はクリニック側が勝ちます。勝つように対策しています(同意書をクリニック側有利に作り込んでいる、そもそも術前と術後の比較ができる検査を省く等)。まぁそもそも保険外だからやりたい放題ってのもあるでしょう。

 このように、問題が起きてもクリニックや医師の責任が問われにくい構造になっている。だから、被害者が減らない。クリニックに足を運ぶ患者が多少減っても、「インプラントこわいよねー」ってなってこないだけだから誰も声を上げてくれません。自己責任とか言われちゃうわけです。

 やっぱりね、お医者さんって金儲けしたらダメなんだと思う。医療はビジネスではない。え?じゃあどうやってお医者さんは食べていくのかだって?

 真摯に患者と向き合って、まじめに診療してください。お金は結果としてついてきます。お金を稼ぐことはだめじゃない。ただ、お金を稼ぐための医療はしないでってことなんです。本当に凄腕とか、いい医者といわれるドクターって別に儲けようとしていないのに儲かっているでしょ。え?医師の業界も廃業があったり大変だって?でも、現に医師の収入は他の職業より圧倒的に高水準であって、リストラ(廃業)している人も他の職業に比べて低いんじゃないですか。それと、収入が低いからって、適当にインプラントして問題発生させていいわけないじゃないですか。

 弁護士と違って、医師には会による懲戒請求などがありません。自浄作用がないんですね。インターネットを見てください。平気で患者に暴言を書き込んでいる医師すら散見されますよ。どんだけひどい医師がいても、お金もうけに走っている医師がいても、まじめな医師は歯を食いしばってただ知らんぷりするしかない現状がある。その結果、問題は起こり続けるのではないでしょうか。

 レーシック手術によって問題が起きてから、こういう問題に対しては他人事だとは思えません。都合のいい人間だと思われても仕方がないですが、そこにおかしい問題があるならおかしいと問題提起します。こういった、保険外診療の闇が明かされて、最終的にレーシック問題も解決されればなと思います。

 

 最後に、以下は掲示板のリンクですが、やはりインプラントの記事なのにレーシックについて書き込んでいる人が多数見受けられます。やはり、この二つの問題はリンクしているところがあるのです。見てみると、あまり自己責任だ!勝手に失敗しろ!メシウマ!みたいなのがなくて、「危ないから近づくなよ」ってなっているのはうれしい現状ですね。ただ、そこから一歩進んで、この人たち(被害者)救ってあげた方がいいんじゃね?ってなってくれるとすごくうれしいですね。まずは、身近に失敗した人がいるってことが認知され、たくさんの人が声を上げてくれれば問題は必ず解決します。その先には、被害者の救済だけでなく、その医療の問題点が解決されよりよい手術や治療が出てくると思いますからね。

girlschannel.net

 本日も最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。皆さんも、身近にインプラントしそうな人がいたら、ぜひよく考えるように言ってたげて下さい。そして、インプラント失敗した人がいたらそっと寄り添ってあげてくださいね。